Photoshopでレイヤーセットを一括で表示/非表示するjsx

3月 26th, 2012 § 0 comments § permalink

Photoshopでレイヤーセットを一括で表示/非表示するjsxを作成しました。
setLayersetVisiblity.jsx

レイヤーセット名を前方一致で検索し、合致するレイヤーセットを表示/非表示させることができます。
手作業によるミスを防ぐのに役立ちます。

私はボタンなどのステートをレイヤーセットで管理しているので、ステートの切り替えに活用しています。

2011.3.15の放射線量を視覚化してみました。

3月 16th, 2011 § 0 comments § permalink

情報が錯綜していて(自分的に)よくわからなかったので視覚化してみました。

※安全を保証するものではありません!

【参考】

原子力・エネルギー教育支援情報提供サイト「あとみん」
http://www.atomin.go.jp/atomin/high_sch/reference/radiation/jintai/index_06.html

Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000051-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000032-kana-l14

GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20110315_sievert/

【2011.3.18追記】
川崎和男さんのブログの「東北地方太平洋沖地震について」にてご紹介いただきました!
http://www.ouzak.co.jp/blog/?page_id=17360
このインフォグラフィックが無用な混乱の沈静化に少しでも寄与できることを願っています。

HYPEを触ってみた-VariableVibration

12月 6th, 2010 § 0 comments § permalink

振動範囲を絶対的に指定するFixedVibrationに対して、振動範囲を相対的に指定するVariableVibrationがあります。

VariableVibrationでx位置とy位置の値を変化させてみました。

This movie requires Flash Player 9

package  {
	import flash.display.Sprite;
	import hype.extended.behavior.VariableVibration;
	
	public class Hype extends Sprite {
		private var rect:Rect;
		
		public function Hype() {
			rect = new Rect();
			addChild(rect);
			
			rect.x = stage.stageWidth /2;
			rect.y = stage.stageHeight /2;
		
			//第1引数:ターゲットオブジェクト
			//第2引数:ターゲットプロパティ
			//第3引数:バネの係数
			//第4引数:イージングの係数
			//第5引数:振動範囲
			var behaviorX:VariableVibration = new VariableVibration(rect, "x", 0.9, 0.1, 20);
			var behaviorY:VariableVibration = new VariableVibration(rect, "y", 0.9, 0.1, 20);
			behaviorX.start();
			behaviorY.start();
		}
		
	}
}

ますます生きてるみたいですね。

今度はalphaとrotationとscaleの値をFixedVibrationで、x位置とy位置の値をVariableVibrationで変化させてみました。
一気に10個です。

This movie requires Flash Player 9

package {
import flash.display.Sprite;
import hype.extended.behavior.FixedVibration;
import hype.extended.behavior.VariableVibration;

public class Hype extends Sprite {
private var rect:Rect;

public function Hype() {
var rect_array:Array = new Array();

for(var i:int = 1; i < 11; i++){ rect_array[i] = new Rect(); addChild(rect_array[i]); rect_array[i].x = stage.stageWidth /2; rect_array[i].y = stage.stageHeight /2; var behavior_obj:Object = new Object(); behavior_obj["alpha"] = new FixedVibration(rect_array[i], "alpha", 0.9, 0.1, 0.0, 1.0, false); behavior_obj["rotation"] = new FixedVibration(rect_array[i], "rotation", 0.9, 0.1, 0, 360, false); behavior_obj["scale"] = new FixedVibration(rect_array[i], "scale", 0.9, 0.1, 0.5, 2.0, false); behavior_obj["x"] = new VariableVibration(rect_array[i], "x", 0.9, 0.1, 20); behavior_obj["y"] = new VariableVibration(rect_array[i], "y", 0.9, 0.1, 20); behavior_obj["alpha"].start(); behavior_obj["rotation"].start(); behavior_obj["scale"].start(); behavior_obj["x"].start(); behavior_obj["y"].start(); } } } } [/sourcecode] 綺麗ですねー。

HYPEを触ってみた-FixedVibration

12月 6th, 2010 § 0 comments § permalink

続きましてFixedVibrationクラスを試してみました。
まずはalphaの値を変化させてみました。

This movie requires Flash Player 9

package  {
	import flash.display.Sprite;
	import hype.extended.behavior.FixedVibration;
	
	public class Hype extends Sprite {
		private var rect:Rect;
		
		public function Hype() {
			rect = new Rect();
			addChild(rect);
			
			rect.x = stage.stageWidth /2;
			rect.y = stage.stageHeight /2;
		
			//第1引数:ターゲットオブジェクト
			//第2引数:ターゲットプロパティ
			//第3引数:バネの係数
			//第4引数:イージングの係数
			//第5引数:最小値
			//第6引数:最大値
			//第7引数:相対値か絶対値か
			var behavior:FixedVibration = new FixedVibration(rect, "alpha", 0.9, 0.1, 0.0, 1.0, false);
			behavior.start();
		}
		
	}
}

ゆらゆらと明滅しています!
最小値と最大値の最大範囲はプロパティによって変化します。

続いてscale、rotation、x位置とy位置を変化させてみました。

This movie requires Flash Player 9

package  {
	import flash.display.Sprite;
	import hype.extended.behavior.FixedVibration;
	
	public class Hype extends Sprite {
		private var rect:Rect;
		
		public function Hype() {
			var rect_array:Array = new Array();
			
			for(var i:int = 1; i < 4; i++){
				rect_array[i] = new Rect();
				addChild(rect_array[i]);
				rect_array[i].x = stage.stageWidth / 4 * i;
				rect_array[i].y = stage.stageHeight /2;
			}
		
			//scaleを振動
			var behavior1:FixedVibration = new FixedVibration(rect_array[1], "scale", 0.9, 0.1, 0.5, 2.0, false);
			behavior1.start();
		
			//rotationを振動
			var behavior2:FixedVibration = new FixedVibration(rect_array[2], "rotation", 0.9, 0.1, 0, 360, false);
			behavior2.start();
		
			//x位置とy位置を振動
			var behavior3x:FixedVibration = new FixedVibration(rect_array[3], "x", 0.9, 0.1, -40, 40, true);
			var behavior3y:FixedVibration = new FixedVibration(rect_array[3], "y", 0.9, 0.1, -40, 40, true);
			behavior3x.start();
			behavior3y.start();
		}
		
	}
}

面白いですねー。

ではいっそのこと、ぜんぶ一緒にかけてみます。

This movie requires Flash Player 9

package  {
	import flash.display.Sprite;
	import hype.extended.behavior.FixedVibration;
	
	public class Hype extends Sprite {
		private var rect:Rect;
		
		public function Hype() {
			var rect = new Rect();
			addChild(rect);

			rect.x = stage.stageWidth /2;
			rect.y = stage.stageHeight /2;

			//alpha、scale、rotation、x位置とy位置を振動
			var behaviorAlpha:FixedVibration = new FixedVibration(rect, "alpha", 0.9, 0.1, 0.0, 1.0, false);
			var behaviorScale:FixedVibration = new FixedVibration(rect, "scale", 0.9, 0.1, 0.5, 2.0, false);
			var behaviorRotation:FixedVibration = new FixedVibration(rect, "rotation", 0.9, 0.1, 0, 360, false);
			var behaviorX:FixedVibration = new FixedVibration(rect, "x", 0.9, 0.1, -40, 40, true);
			var behaviorY:FixedVibration = new FixedVibration(rect, "y", 0.9, 0.1, -40, 40, true);
			
			behaviorRotation.start();
			behaviorScale.start();
			behaviorAlpha.start();
			behaviorX.start();
			behaviorY.start();
		}
		
	}
}

生きてるみたいです!

これらも、ひとつひとつは2行で書けますね。
簡単です。

HYPEを触ってみた-MouseFollow

12月 6th, 2010 § 0 comments § permalink

昨日のFITC Tokyoのジョシュア・デイビス氏のセッションに触発されて、HYPE frameworkを触ってみました。
http://www.hypeframework.org/

あらかじめ用意しておいたRectクラス。

package {
	import flash.display.Sprite;
	
	public class Rect extends Sprite {
		public function Rect() {
			graphics.beginFill(0xddeeff);
			graphics.drawRect(-10, -10, 20, 20);
			graphics.endFill();
		}
	}
}

まずはマウスを追随させるMouseFollowクラスを試してみました。

This movie requires Flash Player 9

package  {
	import flash.display.Sprite;
	import hype.extended.behavior.MouseFollow;
	
	public class Hype extends Sprite {
		private var rect:Rect;
		
		public function Hype() {
			rect = new Rect();
			addChild(rect);
			
			//第1引数:ターゲットオブジェクト
			var behavior:MouseFollow = new MouseFollow(rect);
			behavior.start();
		}
		
	}
}

とっても簡単!

続いて、遅延のあるMouseFollowEaseクラス。

This movie requires Flash Player 9

package  {
	import flash.display.Sprite;
	import hype.extended.behavior.MouseFollowEase;
	
	public class Hype extends Sprite {
		private var rect:Rect;
		
		public function Hype() {
			rect = new Rect();
			addChild(rect);
			
			//第1引数:ターゲットオブジェクト
			//第2引数:イージングの値
			var behavior:MouseFollowEase = new MouseFollowEase(rect,0.2);
			behavior.start();
		}
		
	}
}

イージングの係数は0〜1の間で設定します。
0だと追随せず、1だと遅延しません。

続いてマウスを追い越すMouseFollowSpringクラス。

This movie requires Flash Player 9

package  {
	import flash.display.Sprite;
	import hype.extended.behavior.MouseFollowSpring;
	
	public class Hype extends Sprite {
		private var rect:Rect;
		
		public function Hype() {
			rect = new Rect();
			addChild(rect);
			
			//第1引数:ターゲットオブジェクト
			//第2引数:バネの係数
			//第3引数:イージングの係数
			var behavior:MouseFollowSpring = new MouseFollowSpring(rect,0.8,0.4);
			behavior.start();
		}
		
	}
}

バネの係数は0〜1の間で設定します。
0だと追い越さず、1だと振幅が縮まりません。

いずれの効果も2行で実現できちゃいます。
これだけでもちょっと楽ができますね。
デザイナーとしては嬉しいです。

モリサワのiPhone App「文字の手帖01」レビュー

10月 20th, 2010 § 0 comments § permalink

モリサワのiPhone App「文字の手帖01」がなかなかいいと思う。
Creditを見ると、企画・デザインにアクシスが名を連ねていた。
なるほどなあという感じ。
http://itunes.apple.com/jp/app/id396832421

感想

書体見本帳

フォントファミリー単位で並んでいる字形を見比べて書体を直感的に選択できる他、系統別にまとめられたリストからも選択できる。
書体詳細ではウエイトをスライドさせて変更できるのが便利。
書体解説が付いているのも結構大きなポイント。

Morisawa Font Dictionary

Morisawa Passportに同梱されているミニハンドブックのDictionary Partから抜粋して作られたもののよう。
これを常に携行できるメリットは大きいと思います。

文字あわせ

字形を見て判断する書体の神経衰弱。
3段階の難易度があります。

要望

書体見本帳

Morisawaのミニセット程度でいいので、書体を見比べる際の文字数をもっと増やして欲しい。

書体を選ぶ際に、条件で絞り込みができたらいいかも。
明朝体やゴシック体などの分類の他、ニュースタイルやオールドスタイル、読ませる書体や見せる書体、本文用に見出し用など。
絞り込みのプロセスをグラフィカルに表示してもらえたら尚よし。


2つの書体を重ねて字形を見比べたい。
エレメントはともかく、骨格は重ねて見比べるのが一番。
これは実現可能性が高く、かつ有用度も高いので是非追加して欲しい機能。

あとヒラギノも追加してほしいけど、これは無理かな。

Morisawa Font Dictionary

図版がたまにあるんだけど、とても小さくて閲覧に耐えないので、拡大できるようになっていたらよかった。
というかiPad版も作ってくれたらとても嬉しいのだけど。

文字あわせ

これは神経衰弱でなくて、単に同じ書体の漢字とかなの組み合わせを選ぶゲームだったらよかったかも。

こんなアプリも欲しい

どうせなら、Adobe-Japan 1の全ての文字を検索できる文字パレットアプリが欲しいなあと思ってみたり。
文字コードも調べられて、かつInDesignの字形パネルのように異字体切り替えもできて、その字体のGID/CID番号もわかるというもの。

UIをきちんと設計して、iPad向けで出してくれたら、有料でも結構売れると思うんだけどなあ。
どうでしょ?

Illustrator超初心者講座Ust 第4回 「複数のオブジェクトを使った操作」

10月 18th, 2010 § 0 comments § permalink

久々にやります。第4回目。

「Illustrator超初心者講座Ust」
10月21日(木)24:00〜
http://www.ustream.tv/channel/meetsapp
#meetsapp

今回のテーマは、「複数のオブジェクトを使った操作」です。
複数のオブジェクトを使って、整列させたり複雑な形状を作成したりしていきます。

【追記】

第4回目の録画です。

Illustrator超初心者講座Ust 第3回 「数値を使った編集」

9月 29th, 2010 § 0 comments § permalink

またまた木曜日に、第3回目をやります。
この調子で毎週木曜定例にしたいところです。

「Illustrator超初心者講座Ust」
9月30日(木)24:00〜
http://www.ustream.tv/channel/meetsapp
#meetsapp

今回のテーマは、「数値を使った編集」です。
正確にオブジェクトを編集する際に欠かせない、数値による指定について触れていきます。

【追記】

第3回目の録画です。

Illustrator超初心者講座Ust 第2回 「パスの描画と編集」

9月 22nd, 2010 § 0 comments § permalink

週一目指してましたが早速頓挫。。
気合いを入れ直して、第2回目をやります。

「Illustrator超初心者講座Ust」
9月23日(木)24:00〜
http://www.ustream.tv/channel/meetsapp
#meetsapp

今回のテーマは、「パスの描画と編集」です。
ペンツールでパスを描画したり、ダイレクト選択ツールでパスを編集したりはしているのだけど、いまいち思い通り操作しきれない、という方に。

【追記】

第2回目の録画です。

Illustrator&Photoshop超初心者講座Ustやります

9月 3rd, 2010 § 0 comments § permalink

決起した瞬間に凍結状態に突入していたこの企画。
そろそろ始動させようと思います。

「Illustrator&Photoshop超初心者講座Ust」
9月9日(木)24:00〜
http://www.ustream.tv/channel/meetsapp
#meetsapp

第一回目は、Illustratorの基本的な部分に触れます。
超の付く初心者さん向けの内容になる予定です。

対象者は、デザイナー初心者さん、Illustratorを触ってみたけど挫折したという方、普段使わないけど触ることがあるという方、などです。

使用するのはAdobe Illustrator CS5。
OSはMacです。

よろしくお願いします。

【追記】
第1回目の録画です。
前半録り忘れました。。